河本結の韓国国籍の噂はデマ!愛媛県出身の日本人!

河本結の韓国国籍の噂はデマ!愛媛県出身の日本人!

女子プロゴルファー河本結(かわもとゆい)さんの韓国国籍の噂や出身についてまとめました。

具体的には下記の通りです。

  • 韓国国籍の噂はデマ
  • 愛媛県出身の日本人
  • 年齢などwikiプロフィール

渋野日向子さん、畑岡奈紗さん、原英莉花さんたちと同じ1998年度生まれの黄金世代として注目のゴルファー!

そんな彼女の出身に関するお話をご紹介していきましょう。

目次

河本結の韓国国籍の噂はデマ

河本結さんの韓国国籍の噂はデマです。

ゴルフの大手ウェブメディアに掲載されているプロフィールを見ると、日本国籍とはっきり明記されています。

また、別の国籍を持っていたというお話も見当たりません。

例えば、女子プロゴルファー森田遥さんは日本生まれ・日本育ちですが両親が中国出身なので、日本だと中国国籍として扱われます。

そして、変更する手続きも行っていないため中国国籍のまま登録しています。

父親が日本人で母親がフィリピン人のハーフとして有名な女子プロゴルファー笹生優花さんの場合、日本国籍とフィリピン国籍を選ぶことができました。

そのため、東京オリンピックの時はフィリピン代表として出場して、その後に日本国籍を選択しています。

でも、河本結さんはそういった情報が掲載されていません。

加えて、父親は河本由一さん・母親は河本美由紀さんといい、両親ともに日本人のようです。

そのため、韓国国籍の噂はデマといえます。

ちなみに、噂の元は恐らく顔立ちとか、女子ゴルフ界で韓国出身選手がご活躍されていたりする背景があるんだと思います。

ただ、そもそも出身に特徴がある選手ならインタビューなどでもっと詳しく質問されているはずです。

そういったお話が見当たらないところからもデマと判断できますね。

河本結は愛媛県出身の日本人

河本結さんは愛媛県出身の日本人です。

もう少し詳しくご紹介すると、松山城や道後温泉で有名な愛媛県松山市出身ですね。

黄金世代と呼ばれる渋野日向子さん、畑岡奈紗さん、原英莉花さんたちと同じ1998年度生まれ。

高校は地元の松山聖陵高等学校に通い、大学は日本体育大学卒業を卒業しています。

2018年にプロ転向して、韓国ツアーに招待選手として参戦したことはあります。

ただ、韓国出身といったお話は全然見当たりませんでした。

河本結の年齢などwikiプロフィール

名前河本結
読み方かわもとゆい
身長163cm
体重58kg
血液型O型
生年月日1998年8月29日
年齢24歳 ※2023年7月時点
国籍日本
出身地愛媛県松山市
出身校日本体育大学卒業
ゴルフ歴5歳~
プロ転向2018年7月28日
LPGA入会(90期生)
得意クラブパター
趣味映画鑑賞
カラオケ
出典元:https://www.alba.co.jp/

「河本結」は「かわもとゆい」と読みます。

私みたいに「こうもとゆい」と失礼な勘違いをしないように注意しましょう。

ゴルフは両親の影響を受けて始めました。

アマチュア時代から強くて、高校三年生の時にはIMGアカデミー世界ジュニアゴルフ選手権に出場したこともあります。

高校卒業後は大学に進学してスポーツ科学などを学びながらゴルフを続けました。

学業と競技の両立は簡単ではなかったと思いますがすごいですね。

そして、2018年にプロ転向した最初からステップ・アップ・ツアーで年間4勝!年間獲得賞金ランキング1位を達成!

2019年にはJLPGAツアーで早速初優勝を飾り、2020年からはアメリカツアーに参戦するなど順風満帆な滑り出しを記録しました。

ただ、海外の生活環境に上手くなじめず、2021年に日本ツアーへ主戦場を戻します。

調子も落とし、スイングも崩れ、かなり苦しい時期を過ごすことになりました。

もしかしたら、2019年のツアー中も体調不良で棄権することがあったので、海外ツアーとなるとさらに体調管理が難しかったのかもしれませんね。

ファンからは病気を心配されることもあったようです。

そんな彼女の近況を調べてみたところ「復活」の二文字が見えてきたというお話を見つけました。

原点回帰といえるほど自分自身のスイングを見直し、調子がいい頃のスイングを取り戻しつつあります。

そのため、今後のご活躍が楽しみですね。

河本結の韓国国籍の噂や出身まとめ

  • 河本結の韓国国籍の噂はデマ
  • 愛媛県松山市出身の日本人
  • wikiプロフィールは記事内の通り

今回は女子プロゴルファー河本結(かわもとゆい)さんの韓国国籍の噂や出身についてまとめました。

ファンから病気と心配されることもあったようですが、近況を見る限りはスランプ期間を抜けて強い彼女が戻ってきそうな予感がします。

そのため、デマに振り回されることなく競技に専念して、輝かしい成績を残してほしいですね。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次